シャンプーが薄毛を進行させてしまうその理由

シャンプーが薄毛を加速させる?!その意外な理由

シャンプーが薄毛を加速させる、その理由は?

シャンプーというのは、髪の毛や頭皮を清潔に保つ上で欠かすことのできないものです。そのため、基本的には、シャンプーというのは薄毛予防などに効果的だ、と言えます。
薄毛を悪化させる原因のうちの一つは、不潔な頭皮環境だからです。

 

しかしながら、しばしば、シャンプーは逆に薄毛の原因となってしまいます。
それはなぜなのでしょうか?

 

この問いへの答えは、「洗いすぎ」や「洗わなさすぎ」にある、と言われています。そのほかにも、シャンプーとの相性が悪いことも、薄毛を加速させる要因となります。

 

具体的にはどういうことなの?

頭皮には、本来、必要とされるだけの皮脂があります。不要な皮脂をシャンプーで落とすことは薄毛予防に効果的なのですが、あまりにも脂を気にしすぎるがあまり、過度にシャンプーをしてしまうと、頭皮の保護に必要な皮脂まで落としてしまいます。
また、シャンプーをしたあとに、それをきちんと洗い流さなかった場合、それが細菌などのエサ場になってしまい、頭皮環境を悪化させる原因となります。

 

シャンプーとの相性が悪いと、頭皮にアレルギー症状などがでてしまう可能性があります。これは頭皮のトラブルを招き、薄毛を加速させてしまいます。

 

自分と合うシャンプーを、過不足なく使う。

 

それが薄毛予防に効果的なシャンプーの使い方である、と言えるでしょう。