ビタミン 効果

髪によいビタミンの種類

ビタミンというのは、今はもう知らない人はいないかもしれませんね。

疲れを感じたときもビタミンを摂取するということがあったり、風の要望にビタミンをとるという人もいますし、マルチビタミンのサプリメントを飲んでいる人も多いでしょう。
このビタミンは、髪にもよい効果をもたらしてくれるということがわかってきました。
このことについてみていきたいと思います。

 

ビタミンというのはおそらく栄養素の中でも1位2位を争うのではないかと思うくらい種類の多いものです。
全てを知っているという人は少ないと思いますが、抜け毛や薄毛を気にしているという人は、これらのビタミンは知っておきたいですね。
「ビオチン」は髪の寿命を伸ばすのに効果的であるといわれており、頭皮の新陳代謝を活性化するといわれています。
そして、「ビタミンB群」は髪の元となるたんぱく質となるものです。また、細胞の成長を促すことから、しっかりとした髪が生えてくるということが期待されるということです。
最後に「ビタミンE」。
このビタミンは、若返りを保つビタミンです。
特に頭皮の細胞を壊してしまう過酸化脂質の精製を抑制してくれるということで、髪によいといわれています。
またビタミンCと共に摂取することでその効果が大きくなるとも言われているのです。

 

あまり取りすぎてはいけないビタミン

ビタミンは髪によいということから、多く摂取すればよいということが言われていますが、逆の効果をもたらしてしまうビタミンもあります。
そのビタミンは、A・Eです。
ビタミンAは、摂取しすぎてしまうと育毛どころか脱毛してしまうということがあります。
明らかに逆効果ですね。
また、ビタミンEは髪に影響するということより、胃の不快感を起こしてしまうというように体の不調を起こしてしまうことがあるのです。
過剰摂取は気をつける必要がありそうですね。

 

 

育毛・発毛補助の最強サプリメントを厳選紹介/TOP